個別株は難しい

f:id:simplista:20200403200334j:plain
私が個別株で買い付けてるのは、アップルだけで、今ではポートフォリオの半分以上を占めてる

VOOとQQQにもアップルが入ってるから、それも含めたら60%がアップル

普段使ってるスマホも、タブレットも、パソコンも、時計にもりんごマークだらけ

 

個別株を買うにあたり、絞っていく中で最後まで残ったのがアップルとグーグル

バフェットさんが言っている、「永続的」な「競争優位性」がありそうで、財務内容も良く、成長力もあるから

 

グーグルは、検索で圧倒的なシェアがあって、Yahooの検索エンジンも実はグーグルなほどで日常に欠かせない

これまた日常生活になくてはならないAndroidのOSも持ってる

でも、売上の9割近くが広告収入

 

アップルは、iPhoneのOSを持ってるのと、ソフトウェアも含めた製品のデザインや使いやすさが強み

さらに、どっちもアプリストアの売上の30%が自動的に入ってくる仕組みもある

人は情報入力8割を目から得てるから、一人一台のスマホ生活は当分なくならなりそうにない

どっちの企業も魅力的

 

アップルとグーグルの両方買っちゃえ、という選択肢もあったけど、個別株は決算とか年次報告書とか見なきゃいけなくて面倒なので1つだけ

 

私はアップルを選んだ

理由は、普段から使ってて、シンプルで使いやすく、会社の経営方針なども含めて純粋に好きだから

CEOのティムクックさんも良心的で好感が持てる

 

アップルにオールインしたい気もするけど、未来に何があるか分からないから保険の意味もかねて、S&P500とナスダック100のETFも買っている

下の動画は、世界のブランド価値上位15社の推移だけど、あのコラコーラですら2015年から右肩下がり

www.youtube.com

やっぱり個別株は難しい…

10年後はどんな勢力図になってるか想像もつかない

 

でも、アップルは単純に好きな会社だから、自分がアップル製品を使ってるうちは株を買い続けるつもり

 

 

 

ランキング参加中

押してくれたら、よろこびます(*´▽`*)