【株】投資ルールと結果(2020/4/24)

f:id:simplista:20200413144237j:plain

まずは、今週のポートフォリオと評価損益

米国株で投資しているのは、アップル(AAPL)、S&P500 ETF(VOO)、NASDAQ100 ETF(QQQ)の3つ

 

先週とほぼ同じで変化なしだったから、今週の購入株数は「ゼロ」

今月はゼロで終わりそう

 

 

f:id:simplista:20200425134914p:plain

※平均価格は税引後の配当を含んだ価格(税金は日本20%、米国10%の合計30%)

 

 

 

ポートフォリオ内の銘柄ごとの評価損益の動きは下のグラフ

はじめのころはアップルだけで、2019年6月からVOOを買いはじめて、2020年2月からQQQを買いはじめた

f:id:simplista:20200425134937p:plain

 

ポートフォリオの評価損益と、これまでの投資額を市場平均のS&P500(VOO)だけにオールインした場合の評価損益を比較したもの

今はかろうじてS&P500に勝ってる状態

f:id:simplista:20200425135119p:plain

(仮)VOOのみは、その月に投資した金額を月末の終値でVOOに一括投資したものとして計算

 

 

 

 

ついでに、すべてQQQ一本で運用した場合と、AAPL一本で運用した場合のグラフも加えてみたのが、下のグラフ

 

下手に分散させずに、アップル一本だけでやってた方がリターンは高いけど、十年後はアップルもどうなってるか分からないから、しょうがない

f:id:simplista:20200425135328p:plain

 

 

買付けルール

今のルールを開示してるけど、別に勧めてるわけじゃないよ

その人に合って続けられるルールはみんなそれぞれ違うから、自分で考えて見つけるしかないから

どっちかというと、簡単にルールを変えないように私向けに書いてるだけだから

 

 

【今月の投資ルール】

 

1.等間隔で指値を入れる

  AAPL  225ドルから、4ドルおき

  VOO    211ドルから、4ドルおき

  QQQ   177ドルから、2ドルおき

 

2.今月1本も約定しなかった場合は、翌月のスタート価格を指値の間隔分だけ上げる

 (アップルなら、来月は指値間隔の4ドル分上げて229ドルからスタート)

 

3.あまりにも安すぎると思う場合に追加投資できるように、資金を別に取っておく

 

4.配当は、過去最高値からの値下がり率が一番高いとこにオールイン

 

 

 

指値幅の決め方(アップルの場合)

予算100万円で、最高値からその半額まで等間隔で指値を入れるとして、指値幅を計算

 

計算を簡単にするため最高値は、328ドル 

 

指値を置くのはさっくりと過去最高値の半分までとして、164ドル

(過去最高値328 ÷ 2 )

 

全部買えた場合の平均価格は、246ドル 

((高値328 + 下値164 )÷ 2 )

 

ドル円レートは切りがいいから、100円

 

買える本数は、40本 

(予算100万円 ÷ 平均価格246ドル ÷ ドル円100円)

 

下値までの幅は、164ドル 

(過去最高値328 - 下値164)

 

指値幅は、4.1ドル 

(値幅164ドル ÷ 40本)

 

下抜けした場合の資金も別に残してるから、小数点以下は切り捨てて4ドルごとに指値を置くか、って感じ

 

上の計算式だけど、あくまでも指値幅の決め方の例を書いてるだけだから、私の実際の指値のスタート価格とは違うよ

このルールでの私のスタートは、325ドル

 

それに、以前は別のルールで買ってたから、単純に325ドルから4ドルおきに買い下がった場合の平均価格と、私の現在の平均価格はちがうので、あしからず

 

  

 

 

ランキング参加中

押してくれたら、よろこびます(*´▽`*)