SPYDってだけでダメなの?

f:id:simplista:20200614220922j:plain
これだけ評価が分かれる銘柄もめずらしいね

 

SPYDは、S&P500の中から配当の高い順に80社選んで、均等配分しただけのETF

コロナショックで大きく値下がりしてから、叩かれてる

 

 

ETFって魔法の商品じゃなく、ただの個別企業の寄せ集め

スライムが合体して、パワーアップするキングスライムとは違う

 

ETFは中身の見える透明な福袋みたいなものだから、いいか悪いかは財務分析できればすぐに分かる

(財務分析と言っても、慣れればちょっと見るだけですぐにわかるようになるから簡単だよ)

株価は一時的には人気で決まるけど、結局は企業の実体に収れんするもの

だから、ただのバイ&ホールドの場合は、成長性の低いS&P500に負けるからあんまりおすすめはできない

 

でも、以前にも書いたけど、

どんな商品性かちゃんと理解したうえで、正しい戦略・武器を使えるなら、銘柄なんてなんでもいいと思ってる

 

たとえば、FX のトルコリラ円でも勝てる人は勝てる

そのためには、新興国通貨の多くの高金利通貨はインフレ率が高く、価値が下落するという商品性を知って、それに合った戦略を立てればいいだけ

価値が下落するものは、一般的に右肩下がりのチャートになるので、バイ&ホールド戦略じゃ逆風の中向かって行くことになるから、大きく勝つのは難しいなと分かればいいだけ

(トルコリラは例として出しているだけで、流動性も低いからオススメはできないけど)

 

SPYDも、高配当になってる企業の多くは成長性が低い

なんでかって言うと、事業成長性が低いから、利益の大半を株主に配当として還元するし、人気がなくて株価が下がってるから高配当になってるんだから

株価の値上がりでは、S&P500に負けるのが普通

(株価はしょせん人気なので、チャートを見てもらえれば分かるように一時的に上回る時もあるよ)

f:id:simplista:20200614211852j:image

チャート期間:SPYDができた2015年10月から6月12日まで

赤がSPYD

黒がS&P500 

 

 

じゃあ、バイ&ホールドじゃなくて、どういう戦略でいくか?

SPYDは設定が2015年10月で数年分のデータしかないけど、20ドルから40ドルの間で上がったり、下がったりしてるだけだから、うまくはまりそうな戦略はバイ&セル

 

下がったら買って、上がったら売って、また下がったら買って、上がったら売ってを繰り返してけば良さそうってのが分かる

しかも、売れるのを待ってる間は年利5%以上の配当ももらえるというおまけ付き

 

もし私がSPYDに手を出すとしたら、そういう戦略でいくかな

(バイ&セル戦略は売買ごとに税金を取られるし、商品特性とチャートを見て考えただけでシミュレーションしてないので、この戦略がうまくいくかは分からないので注意ね。

あと前に、私はSPYDは買わないって記事書いてるけど、私の株式戦略であるバイ&ホールドを前提としたものです)

f:id:simplista:20200614212040j:image

 

 

それに、バイ&ホールドでも全員が全員、S&P500に勝ちたいと思ってる訳じゃない

それよりも売らずに配当が入ってくる仕組みが欲しい人もいる

特にリタイヤしてると、金のなる木、金の卵を産むガチョウは手放したくなくなるもの

 

要は何が言いたいのかっていうと、

商品性だけで一概にある銘柄がダメだとは言えないし、どんな戦略・武器を使うかも合わせて考える必要がある

正しい武器で戦ってれば、ちゃんと利益を取れるので問題ないんじゃないかな

 

自分がキャピタルゲイン(株価値上がり益)とインカムゲイン(配当)のどっちを取りにいこうとしているのか、

そのためにはどういった商品がよくて、

どんな戦略でいくかなどが明確になってて、

自分が何をしているのかがちゃんと分かってればいいだけ

 

もちろん、流動性が低いとか、信託報酬などの手数料が高くて胴元だけが勝つような罠みたいな商品もあるから、

そういうのが分からないうちは、大人しくバフェットさんも勧めてるS&P500を買って放置しとくのが良いと思うけど

 

 

ランキング参加中

押してくれたら、よろこびます(*´▽`*)