VGTを買うか悩む

f:id:simplista:20200506144138j:plain

VGT(バンガード米国情報技術セクターETF)は実は好きなETF

 

 

個別銘柄分析をしてて、残ったのがApple、Google、VISA、MasterCardの4つ

というか、スマホとクレジットカードだから、実質2つ

  

VISAとMasterCardは世界的な決済ネットワークシステムを持ってるから強いけど、消費者の心を独占するタイプじゃない

だって、VISAとMasterCardの違いって普通の人には分からない

クレジットカード紹介のサイト見ても、どっちでも良いですよって書いてあるくらいだし、普段は自分のカードがどっちか意識してないはず

 

私もクレジットカードにはまってた時は、何枚も発行しては使い心地を試してたけど、VISAとMasterCardのどちらがいいか悩んだことってほとんどない

あるとしても、カードデザインでのおさまり具合くらい

 

Amazonとかは売上も2桁の伸びでいまだに急成長だから、投資先とは魅力的だけど、Amazonにしろ、楽天にしろ、ネットショッピングをするには、クレジットカードが便利

実際に、VISAとMasterCardの財務も良好だし、投資先を選ぶ時に残った

ネットショッピングは伸びてるから、クレジットカードの利用はまだまだ伸びそう

 

でも、クレジットカードじゃなくても、QRコード決済とか、Suicaとか、便利でお得な仕組みがあれば、人は簡単に流れていく

フェイスブックやグーグル、アマゾンあたりが本格的に独自の決済サービスを始めたら危なそうだし

 

 

クレジットカードよりもっと根源的なものってないのかなって思った時、考えられるのがパソコンやスマホ

 

Amazonも楽天も、そのほかのネットショッピングもパソコンとかスマホがなければ何もできない

このブログも書けないし、読めない

クレジットカードは必要になるのは有料サービスの時だけだけど、スマホとパソコンは無料、有料を問わずに必要

YouTubeを見るのにも、スマートニュースを見るのにも、SNSを使うのにも必要

 

 

そうなると、スマホOSを持っているアップル、グーグルと、パソコンOSを持っているマイクロソフトが有力な投資先になる

 

マイクロソフトはビジネス分野では強いけど、スマホ分野がないから、私のなかでは脱落した

マイクロソフトも魅力的だけど、昔は個人的に、個別株は4個までっていう制限をかけてたから落としただけ

 

パソコンを持ってなくても、スマホはみんなが使ってる

マサイ族まで使ってるくらい

私の周りでも普段はスマホで、パソコンをまったく使ってない人も多い

 

 

こんな感じで残ったApple、Google、VISA、MasterCardでポートフォリオを作りたかったけど、クレジットカード会社の株が割高すぎたので、あきらめてVGTを買っていた

 

VGTは、

アップルがあるのは最高

マイクロソフトがあるのは、まあ最高

VISAとMasterCardも今は最高

Googleがいなくなったのが残念だけど

 

とても魅力的

しかも、下手に分散しすぎと何が値動きに影響してるのかが分からなくなるから、

アップルとマイクロソフトの2社で全体の40%近く占めてるのも最高

VOOとかQQQは買ってるけど、実は分散しすぎって思ってる

 

VGTのデメリットはセクター限定ってこと

つまり、セクターが変更されるとETFからいなくなってしまう

 

GoogleとFacebookがまさにそれ

以前はVGTにいたけど、セクター変更があったのでいなくなった

 

このセクターを決めるのは、ETFの運用会社のバンガードではなく、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)

つまり、生殺与奪の権利を他の会社に握られている状態

バンガードがセクター決めてるなら信じられるから、持ち続けられたんだけど、私が手放した一番の理由はこれ

 

でも、やっぱり魅力的なETFではあるから、もう少しだけウォッチしてみることにする

 

 

 

ランキング参加中

押してくれたら、よろこびます(*´▽`*)