【米株】運用状況とルール(2020/5/15)

f:id:simplista:20200504001820j:plain

今週のポートフォリオと評価損益

 

 

今週は特に株価が大きく動くようなイベントやニュースはなかった

今週も購入株数はゼロ

f:id:simplista:20200517002404j:plain

※平均価格は税引後の配当を含んだ価格(税金は日本20%、米国10%の合計30%)

f:id:simplista:20200517002421p:plain

私のミスで、過去のアップルの平均価格が間違ってたから、修正してます

  

 

下のグラフは、ポートフォリオの評価損益と、これまでの投資額を市場平均のS&P500(VOO)だけにオールインした場合の評価損益を比較したもの

 

ポートフォリオのスタートが100%じゃないのは、月途中に買ったものを月末株価で評価しているからだけど、ちょっと気になるんだよね

f:id:simplista:20200517002519j:plain

 ※(仮)VOOのみは、その月に投資した金額を月末の終値でVOOに一括投資したものとして計算、税引後配当込

 

 

下のグラフは、ポートフォリオ内の銘柄ごとの評価損益の動きを分解したもの

私のポートフォリオのリターンは、割合も高いからアップルが稼いでることがわかる

VOOはほとんど横ばいで、ある意味安定

f:id:simplista:20200517002540j:plain

 ※税引後配当込 

 

 

私の投資額を、すべて一本で運用した場合のシミュレーションが以下のグラフ

 

ポートフォリオとQQQのみで運用した場合の評価損益がほぼ同じになってる

 

VOOは私の中では将来の高配当担当だから、これからも買い続けるつもりだけど、

シンプルにQQQ一本だけでも良かったのかな

f:id:simplista:20200517002557j:plain

※(仮)〇〇のみは、その月に投資した金額を月末の終値で一括投資したものとして計算、税引後配当込

 

 

 

 

 

買付けルール

 

1.等間隔で指値を入れる

  指値間隔の決め方は、下の「5.   指値幅の決め方」見てね

 

  AAPL   229ドルから、4ドルおき

  VOO     215ドルから、4ドルおき

  QQQ    179ドルから、2ドルおき

 

2.今月1本も約定しなかった場合は、翌月のスタート価格を指値の間隔分だけ上げる

 (4月に1本も約定しなかったので、アップルの場合は指値間隔の4ドル分上げて、229ドルからスタート)

 

3.あまりにも安すぎると思う場合に追加投資できるように、資金を別に取っておく

  現在の買付ルールでの資金配分は、みんな同じ配分

  アップル 1 : VOO 1

    : QQQ  1 : 追加用資金 1

 

4.配当は、過去最高値から値下がり率が一番高いとこにオールイン

  配当は株主利益が還元されて外に出てきただけなので、価格は気にしないで買い付けて、投資に回す

 

5.   指値幅の決め方(例:アップルの場合)

・予算を100万円として、最高値からその半額まで等間隔で指値を入れるとして、指値幅を計算

 

・計算を簡単にするため最高値は、328ドル 

 

・指値を置くのはさっくりと過去最高値の半分までとして、164ドル

(=過去最高値328ドル  ÷ 2 )

 

・全部買えた場合の平均価格は、246ドル 

(=(高値328ドル + 下値164ドル )÷ 2 )

 

・ドル円レートは切りがいいから、100円

 

・買える本数は、40本 

(=予算100万円 ÷ 平均価格246ドル ÷ ドル円100円)

 

・下値までの幅は、164ドル 

(=過去最高値328ドル ー  下値164ドル)

 

・指値幅は、4.1ドル 

(=下値までの幅164ドル ÷  40本)

 

下抜けした場合の資金も別に残してるから、小数点以下は切り捨てて4ドルごとに指値を置くか、って感じ

 

上の計算式は、あくまでも指値幅の決め方のを書いてるだけだから、

私の実際の指値のスタート価格と予算は違うよ

このルールでの実際の私のスタート価格は、325ドル

 

それに、以前は別のルールで買ってたから、単純に325ドルから4ドルおきに買い下がった場合の平均価格と、私の現在の平均価格はちがう

 

実際の買い付けたタイミングは下のグラフの緑の丸

2つチャートがあるけど、下のほうは株価を対数表示にして、株価の成長ペースを過去と比較しやすくしたもの

 

f:id:simplista:20200513194230j:plain

 

株価に沿ってる上下の線はPER

下の線がPER12倍で、上の線がPER18倍

 

実は、上の「5.   指値幅の決め方」で指値幅を決める時に使ってる、下値の164ドルはこのPERを参考にしてたりする

 

2008年のリーマンショックや、2019年のアップルショックで暴落しても、PER12倍あたりで止まってるから、落ちても160ドルくらいかなという目安にしてる

 

PERを出すために、使ってるのは年間EPSで、2019年9月末までは実際の数字

それ以降は、「バフェットの銘柄選択術」などを参考にして、自分で計算したものを使用してる

 

 

ちなみに、今までの運用状況報告は、MacのNumbersで管理してるグラフを、ブログ用にWindowsで作りなおしてたんだけど、

面倒だし、ミスもするから、Macで作ったグラフをそのままつかってみた

 

ランキング参加中

押してくれたら、よろこびます(*´▽`*)