銘柄の分散って、意味あるの?

f:id:simplista:20200626133335j:plain
卵をひとつのかごに盛るのは危ないからやめましょう

 

分散投資、分散投資ってみんな言うけどそんなに大事なの?

みんなって、ブロガーとか個人投資家じゃなく、証券会社とかのプロのことね

投資戦略が違ってても個人投資家さんは勝手に仲間だと思ってるから、批判する気も、マウンティングする気もありません

 

そもそも、株って卵なの?

株って、会社を所有する手段の一つ

企業はそれぞれ違うように、株もそれぞれ違う

コロナに強い企業もあれば、壊滅的に弱い企業もある

 

卵のように同じものじゃなくて、それぞれ別の掛け率で動いてるゲームのようなもの

だから、分散するために、よりパフォーマンスの低い、好きでもない企業の株を買う必要があるとは思えない

 

それに、分散するために銘柄をどんどん増やすと、結局は市場平均に近づいていくだけ

平均っていうのは、そういうもの

それなら、はじめからS&P500とかのETFを買っていれば、無駄な売買コストをかけずに同じパフォーマンスが得られる

S&P500だけじゃなく、高配当戦略の場合でも同じ

コストは全部、証券会社とかのプロの利益になるだけだから、プロが分散投資をすすめたくなるのも納得だけど

 

本当の分散投資には、逆相関の関係が必要

前にも書いたけど、本当の分散投資には逆相関の関係(-1)が必要

逆相関の関係って、ある銘柄が上がったら、反対に別の銘柄が同じだけ下がるってことで、資産全体でみるとプラスマイナスゼロで変わりませんってやつ

意味ないじゃん

右足が先に進もうとしても、左足が全力で後ずさりしてるようなもので、どこにもいけない

 

分散しないと、会社がつぶれて紙クズになるのが怖いって?

なら、そんな会社の株買わなくていいんじゃないかな

どれがつぶれない会社か分からないよっていうなら、個別株じゃなくて、まずなくなることのないS&P500とかのETFでいいじゃないかな

 

分散には銘柄と時間の2つがある

それに、分散には銘柄と価格の2つがあるから、なくなりそうにない銘柄を価格で分散すればいいんじゃない?

なんで、分散できるのは2つだけかって?

それは、私たち投資家が選べるのは、銘柄と価格の2つしかないから

 

一般的なプロは運用期間が限られてて、短期でパフォーマンスを上げなきゃいけないから、価格(時間)分散が使えないので、銘柄で分散するしかないのは分かるけど、個人はわざわざ短期で勝負する必要がないよ

人生が続く限り、資産運用も続きます

 

勝ってる人ほど銘柄数が少ない 

私だけが言ってるんじゃなく、

あのバフェットさんや、相棒のマンガーさんも、過度に分散されたポートフォリオには反対

マンガーさんは口が悪いから、

分散投資をありがたがるとは、気が違っているとしか思えない

(『マンガーの投資術』より)

とまで言い切ってるほど

 

ほかにも個人投資家でも勝ってる人ほど、銘柄数は少ない

10銘柄以上も同時に見続けるなんて無理だもん

ひとつの銘柄だけでやってくのは、なかなか勇気のいることだから、どんなに多くても10銘柄以下にするのがいいじゃないかな

以前の私は何も考えずに銘柄を増やしてたけど、銘柄数が増えるにつれ、どんどん管理が大変になるだけじゃなく、パフォーマンスも悪くなってった

私は自分の能力が高くないのを知ってて、10銘柄でも手に余るから、3つ以上は増やさないというルールにしてる

 

あなたの大切なお金を狙ってる人はたくさんいるので、

リスクを減らすために銘柄を分散して増やしましょう、っていう声に惑わされずに守りぬいてください

リスク分散のためじゃなく、選び抜かれた、自分の好きな銘柄しかないポートフォリオはいいものです

 

 

 関連記事です

 

ランキング参加中

押してもらえたら、うれしいです(*´▽`*)